福岡(中央・博多・南・早良)の中古マンション・古いビル・特殊な土地の鑑定評価は創業から40年実績の貞和不動産鑑定株式会社にご相談下さい。
迅速な評価と適正な報酬で対応いたします。

節税土地評価.com 土地価格が低くなる判断ポイントは…不整形地、広大地、無道路地、埋蔵文化財...etc.(不動産鑑定士からの視点)

税理士先生に提案します

会社概要

お問い合わせ

節税のため土地価格が低くなる判断ポイント

税理士先生と連携をとりながら、納税者の節税に寄与しております。

弊社は創業以来、縁故間取引(親と子、社長と会社)等の民間(法人、個人)の
税務関連を主業務としております。

税理士先生に提案します

弊社が行った主な鑑定評価の実例

  • 縁故間売買・交換(親と子、社長と会社)
  • 相続税路線価の検討
  • 不整形地(帯状地、三角地、土地の高低等)
  • 広大地・袋地・無道路地・私道付き宅地
  • 土地(分割・併合)の限定価格
  • 権利の錯綜した評価(土地・建物)
  • 共有持分(財産分割の協議)
  • 共同住宅及び敷地
  • 古いビル、中古マンションの価格は固定資産税評価額より低くなる
  • 法律や条例の規制がある土地
  • 埋蔵文化財のある土地
  • 土壌汚染のある土地
  • 土地の簿価の見直し(時価会計のための再評価)
  • 事業用定期借地権付き建物の評価
  • 借家人の立退料査定・交渉
  • 不動産の譲渡所得の計算上取得費(売買金額の5%とみなす)について不動産鑑定評価書(過去の時点)
    を用いて取得時の適正な価額を判定します。

↑ページの先頭へ戻る